知財のレシピ

弁理士業務に関わるハック、トピックスなど。調査等のご相談、お請けします。

特許

J-PlatPat講習会のテキスト(特実)を読む (スライド5)特許分類での検索

スライド5枚目の「特許分類での検索」の続きです。 「特許分類」とは、ざっくり言うと、特許公報に付与される技術分野ごとの分類です。日本では、主にFI,Fターム,IPCが使われます。 「特許分類の知識」(特許庁、発明推進協会)では、特許分類について詳し…

J-PlatPat講習会のテキスト(特実)を読む (スライド4、5)特許・実用新案検索

JPP講習会テキストを細かく読んでます。 http://www.inpit.go.jp/content/100863247.pdf 前回の「公報の探し方」の続きで、「特許・実用新案検索」。 ②出願人名等で調査 特定の企業の出願状況が調べたい場合は、「出願人名」をプルダウンで選んで、キーワー…

J-PlatPat講習会のテキスト(特実)を読む (スライド4)番号照会のトリビア

JPPテキストの続きです。スライド4は「公報の探し方」です。 ・そもそも「公報」って何? デジタル大辞泉によると、「公報」とは、 1 官庁が一般国民に発表する公式の報告。2 地方公共団体が官報に準じて発行する文書。「選挙公報」3 ある官庁が他の官庁…

職務発明規程を作った時に参考にした本

ちょっとJ-PlatPatのテキストに疲れた(まだ1ページなのに・・・)ので、違う話。 先日職務発明規程の相談を受けました。H27法改正に対応した規程に作り直して欲しいです、との依頼でした。 H27年改正の大きなポイントは、特許を受ける権利の「取得」と…

J-PlatPat講習会のテキスト(特実)を読む 「技術動向調査」の深掘り

最新の技術情報、他社の動向を調べるという事で、特定の分野の出願状況を調べたりします。これは、J-PlatPatを使うよりも、商用データベースを使う方が、バブルチャートで表示してくれたりとか、簡単にそれらしい結果を表示してくれるので、調査した感がしま…

J-PlatPat講習会のテキスト(特実)を読む 「権利調査」の深掘り

実際に調査した「権利調査」について、事例紹介(3パターン)します。 1.海外のクライアントが、権利行使前に、特許の有効性を確認したいと依頼してきた事例 侵害訴訟等が活発なUSでは、よくあるパターンなのかなと思いますが、特許権侵害してるぞ!と訴…

J-PlatPat講習会のテキスト(特実)を読む 「先行技術文献調査」の深掘り

出願の相談に来たお客さんの発明内容を聞いて、調査定義を設定し、先行技術調査に取りかかります。 先行技術調査を行う際の手順は、 1.発明の理解 2.特許分類の決定 3.検索キーワードの決定 4.検索式の作成 5.公報スクリーニング 6.公報ピックア…

J-PlatPat講習会のテキスト(特実)を読む (スライド3)

以前投稿した記事で、J-PlatPat講習会のテキストが結構いいこと書いてるから見ていきたいと言っておきながら、結構時間がたってました・・・。ちゃんと見ていきたいと思います! uibenrishi.hatenablog.jp テキストの目次はこんな感じです。(カッコ内は対応…

意見書のパターン(書き出しのところ)

事務さんに意見書のチェックをしてもらってたら、「この下線の部分が補正書の中で発見できませんでした」と言われました。確認してみると、その下線部分は、単に強調して主張したい部分に私が下線をつけた記載でした。意見書は、書き方が結構自由なので、書…

Espacenetのbeta版がリリース。図面一覧機能が便利そう!

Espacenetのbeta版がリリースされていました。 worldwide.espacenet.com 使い方の動画を見たのですが、UIがかなり変わっている印象。 特にいいなーと思ったのは、図面のみの一覧表示ができる点です↓ 分野によると思いますが、これ、かなり便利かと思います。…

ダイレクトPCTの検討

アプリビジネスを展開する企業にとって、海外市場は当然視野に入るのですが、出願は今後全件PCTにしたいと考えている人が増えてる気がします。 これまでの流れだと 日本出願 →PCT(JP指定なし)(1年以内)→外国移行(30月以内) なんですが、ダイレクトPC…

J-PlatPatの審査官端末機能を用いた先行技術文献調査の研修の申し込み倍率が10倍以上に!

9月に弁理士会で行われる標記の研修、なんと申し込み倍率が10倍以上になっていました。 J-PlatPatとは、言わずもがな、特許調査に必須の無料のツールです。 特許情報プラットフォーム講習会テキスト【特許・実用新案編】より 2018年3月に新機能がリリース…

電話面接で応対記録をもらってますか?

最近の審査官は、最低1回は補正案を見てくれます。電話をすると結構優しい対応にホッとします。 これまでの経験から、審査官とスムーズにFAXでやり取り(電話面接)する際のポイントをシェアしたいと思います。 1.応答期限まで2週間以上あると安心。 最近は…

非特許文献が読みにくい件について

拒絶理由で引用される文献が非特許文献の場合、特許庁から送付されてくるデータがものすごく解像度が粗くて読みにくいと感じています。 審査官が非特許文献をサーチする場合、JDream3などインターネット経由で論文を検索したり、審査官端末で非特許文献デー…

AI/IoT特許の書き方 オススメ本

先月出たこの本、一気に読み終えました。 AI/IoT特許入門~AI/IoT発明の発掘と権利化の勘所~ (現代産業選書―知的財産実務シリーズ) 作者: 河野英仁 出版社/メーカー: 経済産業調査会 発売日: 2018/06/15 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る すごく…

仮想審査シミュレーション!

人工知能による仮想審査が受けられる、ということで無料版を早速試してみました。 人工知能を搭載した『アイピーサムライ(IP Samurai)』は、発明内容(新しいアイデア)をテキストボックスに入力すると、特許分類付与、先行技術調査、発明の内容理解・認定…

ベンチャー企業への支援 ー 特許行政年次報告書2018より

特許行政年次報告書2018が取りまとめられました。 www.jpo.go.jp 明治の表紙や冒頭特集、ベンチャーの章はこだわりを持って作成されているのがよく分かります。 電子ブックも初の試みですね! 第6章ベンチャー企業への支援で気になるところをピックアッ…

人工乳首事件にみる事件名の決め方

優先権の話を弁理士仲間としていた時、人工乳首事件のことが話題に出てきました。 「人工乳首事件」とは、国内優先権についての有名な判決で、請求項1のうち、優先権が効かない範囲に拒絶理由がある結果、請求項1自体が拒絶されてしまう、と言うショッキン…

投資家向けの特許の書き方

特許庁が、7月2日(月)に知財戦略等の支援先ベンチャー企業の公募を開始予定だそうです。 www.jpo.go.jp スタートアップの方って多分知財のことは折に触れ、見聞きしているから気にはしてると思うんです。でも、すぐ何かに役立つわけではなさそうだから、つい…

拒絶理由は来るもの

駅で、「猫は抱くもの」という映画の広告を見かけました。 それに掛けたのですがw お客さまで、拒絶理由が来たら絶望的になられる方がいらっしゃいます。 もうムリ・・・って いやいや、拒絶理由は来るものだし、むしろ来ないといけない気がする。 弁理士の…

「発明」のイメージ

「特許」って、一般の人にしてみれば、詳しいことはよく分からないけど、なぜか「特許で大金持ち」とか、「大発明」というイメージがある気がする。エジソンとかのイメージからくるのかな? 特許を取っても必ず金持ちになるわけではないし、人々の生活を変え…

早すぎる・・・

拒絶理由通知がきました。早期審査請求したとはいえ、審査請求してから3週間ぐらいで起案され、1か月もしないうちに。 ちょっと早すぎw 早期審査であっても、出願してから審査官の手元に届くまでに2週間ぐらいかかって、それから1〜2月以内に起案されるとい…

"拒絶"って・・・

「拒絶」ってすごく強い言葉ですよね、全否定みたいな感じがします。 特許出願後、審査請求すると、大抵の場合は拒絶理由通知がきます。簡単に言うと、そこには、「あなたの出願は、これこれこう言う理由のため、特許できません」と書いてあります。 お役所…