知財のレシピ

弁理士業務に関わるハック、トピックスなど。調査等のご相談、お請けします。

調査

J-PlatPat講習会のテキスト(特実)を読む (スライド4、5)特許・実用新案検索

JPP講習会テキストを細かく読んでます。 http://www.inpit.go.jp/content/100863247.pdf 前回の「公報の探し方」の続きで、「特許・実用新案検索」。 ②出願人名等で調査 特定の企業の出願状況が調べたい場合は、「出願人名」をプルダウンで選んで、キーワー…

J-PlatPat講習会のテキスト(特実)を読む (スライド4)番号照会のトリビア

JPPテキストの続きです。スライド4は「公報の探し方」です。 ・そもそも「公報」って何? デジタル大辞泉によると、「公報」とは、 1 官庁が一般国民に発表する公式の報告。2 地方公共団体が官報に準じて発行する文書。「選挙公報」3 ある官庁が他の官庁…

J-PlatPat講習会のテキスト(特実)を読む 「技術動向調査」の深掘り

最新の技術情報、他社の動向を調べるという事で、特定の分野の出願状況を調べたりします。これは、J-PlatPatを使うよりも、商用データベースを使う方が、バブルチャートで表示してくれたりとか、簡単にそれらしい結果を表示してくれるので、調査した感がしま…

J-PlatPat講習会のテキスト(特実)を読む 「権利調査」の深掘り

実際に調査した「権利調査」について、事例紹介(3パターン)します。 1.海外のクライアントが、権利行使前に、特許の有効性を確認したいと依頼してきた事例 侵害訴訟等が活発なUSでは、よくあるパターンなのかなと思いますが、特許権侵害してるぞ!と訴…

J-PlatPat講習会のテキスト(特実)を読む 「先行技術文献調査」の深掘り

出願の相談に来たお客さんの発明内容を聞いて、調査定義を設定し、先行技術調査に取りかかります。 先行技術調査を行う際の手順は、 1.発明の理解 2.特許分類の決定 3.検索キーワードの決定 4.検索式の作成 5.公報スクリーニング 6.公報ピックア…

J-PlatPat講習会のテキスト(特実)を読む (スライド3)

以前投稿した記事で、J-PlatPat講習会のテキストが結構いいこと書いてるから見ていきたいと言っておきながら、結構時間がたってました・・・。ちゃんと見ていきたいと思います! uibenrishi.hatenablog.jp テキストの目次はこんな感じです。(カッコ内は対応…

Espacenetのbeta版がリリース。図面一覧機能が便利そう!

Espacenetのbeta版がリリースされていました。 worldwide.espacenet.com 使い方の動画を見たのですが、UIがかなり変わっている印象。 特にいいなーと思ったのは、図面のみの一覧表示ができる点です↓ 分野によると思いますが、これ、かなり便利かと思います。…

J-PlatPatの審査官端末機能を用いた先行技術文献調査の研修の申し込み倍率が10倍以上に!

9月に弁理士会で行われる標記の研修、なんと申し込み倍率が10倍以上になっていました。 J-PlatPatとは、言わずもがな、特許調査に必須の無料のツールです。 特許情報プラットフォーム講習会テキスト【特許・実用新案編】より 2018年3月に新機能がリリース…

仮想審査シミュレーション!

人工知能による仮想審査が受けられる、ということで無料版を早速試してみました。 人工知能を搭載した『アイピーサムライ(IP Samurai)』は、発明内容(新しいアイデア)をテキストボックスに入力すると、特許分類付与、先行技術調査、発明の内容理解・認定…

最初でつまずくと(涙)

特許調査のお話です。 出願前の先行技術調査や、侵害の有無を調べるクリアランス調査など目的に応じて、調査定義をします。 それで、調査定義に従って検索式を立てるのですが、調査定義を誤ると検索式も無駄になってしまい、ノイズの多い検索結果を読み込む…

特許庁本庁舎にて

特許庁本庁舎の二階にはINPIT があり、審査官が実際に使っている端末でサーチができます。プリントアウトは有料ですが、端末の使用自体は無料です。 私も時々調査の仕事で使っており、最近久しぶりに行ってきました。 すると、ちらほら個人発明家(?)らし…