知財のレシピ

弁理士業務に関わるハック、トピックスなど

調査

Espacenetのbeta版がリリース。図面一覧機能が便利そう!

Espacenetのbeta版がリリースされていました。 worldwide.espacenet.com 使い方の動画を見たのですが、UIがかなり変わっている印象。 特にいいなーと思ったのは、図面のみの一覧表示ができる点です↓ 分野によると思いますが、これ、かなり便利かと思います。…

J-PlatPatの審査官端末機能を用いた先行技術文献調査の研修の申し込み倍率が10倍以上に!

9月に弁理士会で行われる標記の研修、なんと申し込み倍率が10倍以上になっていました。 J-PlatPatとは、言わずもがな、特許調査に必須の無料のツールです。 特許情報プラットフォーム講習会テキスト【特許・実用新案編】より 2018年3月に新機能がリリース…

仮想審査シミュレーション!

人工知能による仮想審査が受けられる、ということで無料版を早速試してみました。 人工知能を搭載した『アイピーサムライ(IP Samurai)』は、発明内容(新しいアイデア)をテキストボックスに入力すると、特許分類付与、先行技術調査、発明の内容理解・認定…

最初でつまずくと(涙)

特許調査のお話です。 出願前の先行技術調査や、侵害の有無を調べるクリアランス調査など目的に応じて、調査定義をします。 それで、調査定義に従って検索式を立てるのですが、調査定義を誤ると検索式も無駄になってしまい、ノイズの多い検索結果を読み込む…

特許庁本庁舎にて

特許庁本庁舎の二階にはINPIT があり、審査官が実際に使っている端末でサーチができます。プリントアウトは有料ですが、端末の使用自体は無料です。 私も時々調査の仕事で使っており、最近久しぶりに行ってきました。 すると、ちらほら個人発明家(?)らし…