知財のレシピ

知財いろいろ、弁理士業務いろいろ、弁理士試験や就職のこと

実用新案技術評価の審査は甘い?

実用新案権者は、実用新案技術評価書を提示して警告した後でないと権利行使できません(実29条の2)。実案は、無審査登録なんで、新規性進歩性がないような権利も登録されちゃいます。なので、権利行使の前に一応審査官が審査して、その権利についての有効性について意見しておきましょうと言う趣旨です、ざくっと言うと。

 

じゃあ、実案の審査、特に進歩性の判断は、特許より甘いの?と言う疑問があります。

 

(実3条2項)

実用新案登録出願前にその考案の属する技術の分野における通常の知識を有する者が前項各号に掲げる考案に基いてきわめて容易に考案をすることができたときは、その考案については、同項の規定にかかわらず、実用新案登録を受けることができない。 

 

「きわめて」って・・・。(特許法には「きわめて」はないです(特29条2項)。)

審査官は、この点は意識せず特許と同じように審査しています。実用新案は対象が「考案」なので、ソフトウェアなんかより進歩性の判断が結果として甘めかなと感じますが。

 

実用新案だからって、審査が甘いことはないです。評価が「1」から「6」まで付けられますが、基本的には、特許の拒絶理由通知等と同じ形式の記載です。