知財のレシピ

弁理士業務に関わるハック、トピックスなど。調査等のご相談、お請けします。

"拒絶"って・・・

「拒絶」ってすごく強い言葉ですよね、全否定みたいな感じがします。

特許出願後、審査請求すると、大抵の場合は拒絶理由通知がきます。簡単に言うと、そこには、「あなたの出願は、これこれこう言う理由のため、特許できません」と書いてあります。

 

お役所の言葉ってなんでこうもユーザの神経を逆なでする言葉遣いなんでしょうか。

 

「拒絶」と言う言葉に怒ることなく、審査官の言うことが妥当でないと思うのであれば、淡々と反論しましょう。拒絶理由に該当しないと判断すれば、審査官も粛々と特許査定してくれるはずです。

 

 ちなみに、拒絶理由通知は「である調」で書いてあるのが殆どだと思いますが、「ですます調」で書く審査官もいます。「ですます調」だと、受け取った人も少しは心安らかに拒絶理由通知を読めるのかもしれませんね。