知財のレシピ

弁理士業務に関わるハック、トピックスなど。調査等のご相談、お請けします。

特許系女性弁理士のレア度

士業の会とかに参加させてもらうと、弁理士ってあんまりいないんだなぁと実感します。ましてや、女性は・・・、となるのですが、ちゃんと数字で考えたことなかったので、ちょっと雑に計算。

 

弁理士会の統計(2017年3月31日時点)によると、

 弁理士の人数 11057人 

そのうち女性 1650人 (14.9%)

 

これだけでもレアな感じがします。

 さらに特許系はどれぐらいでしょうか。ここからは正確なデータがないので、体感に基づきます。弁理士は、統計によると最終学歴の割合が、文系:理系=1:4ぐらいなのですが、女性に限って言うと、文:理=1:1ぐらいな気がする。半分ぐらいは商標系じゃないかと。

 すると 、特許系女性弁理士は、14.9% * 0.5 = 7%ぐらい  ということになります。

 

さらに工学系は、というと、女性弁理士は、体感として化学やバイオ系が半分ぐらいな感じがするので、それ以外が工学系とざっくり分けると、工学系女性弁理士は、7%ぐらい * 0.5 = 4%ぐらい 

 

なんと 400人ぐらい です。

 えー、少ない。仮定が間違ってるのかなぁ・・・。でも周りを見渡すとほとんどいないから全くピント外れではない気がします。

 

 確かに珍しがられますが、レアキャラゆえの苦労もあります。工学系女子の場合、大学からずっとそういう環境だから慣れてるとは思いますが。