知財のレシピ

知財いろいろ、弁理士業務いろいろ、弁理士試験や就職のこと

テレビ面接審査

審査官とは面接審査を無料で行うことができます。

審査着手前に技術説明ということで審査官にお願いすることも出来ますし、拒絶理由通知をもらった後、補正案について意見を直接述べたり、審査官の判断を聞けたりします。

 

基本的に面接は特許庁で行われるので、特許庁から離れていると不利だなーと思われる地方在住の方、いらっしゃると思います。

そういう方のために、テレビ面接審査というのがあります。テレビ面接とかいうと、なんだか大袈裟な感じがしますが、要はスカイプみたいな、ブラウザで簡単に話すことができるシステムで、PCに接続できるカメラがあれば、問題ないです。

 

しかも、1箇所だけでなく、2箇所と特許庁の審査官とを繋いだりとかも出来ます。

 

例えば、地方の工場にいる発明者、その近くの都市にいる代理人特許庁の審査官、という組み合わせもOKです。さらに、テレビ面接に参加する代理人以外にも、リアルに代理人が参加するということもOKです。(もはやテレビ面接は必要なのか、というレベル)

 

応対記録は直筆署名でないとダメなので、FAXでやり取りする、というなんともアナログなやり方なのですが(笑)

 

期限にある程度の余裕があれば、審査官は面接を基本的に受け入れてくれるので、地方在住で東京に行くのが難しい人も、この制度を使ってみる価値はあると思います!