知財のレシピ

弁理士業務に関わるハック、トピックスなど。調査等のご相談、お請けします。

J2ビザでパテントエージェント試験を受ける

弁理士試験に合格した後って、勉強をずっとしてた勢いがあるからか、そのまま司法試験に向かってみたり、大学院で勉強してみたいって思ったりする人が多いと思います。弁理士って勉強好きの人多いし。

 

前回投稿した大事務所の話で、留学ことを書きましたが、大事務所だと、USの法律事務所やロースクールに行かせてくれたりします。その際、パテントエージェント試験を受けれる場合があるのですが、弁理士試験合格後、英語力を高めたい、とか云々でパテントエージェント試験を目指す人もいますよね。

 

米国パテントエージェント試験は誰でも受けれるものではなく、外国人の場合、ビザの条件を満たさないと受験できません。事務所から研修目的で渡米されてる方は、事務所からビザサポートがあったり、過去の受験者の方の情報があったりで情報収集しやすいと思います。

 

実は、事務所から研修で渡米させてもらわなくても、パテントエージェント試験を受けられる場合があります。配偶者に帯同して合法的に就労許可証(EAD)が取得できる場合です。

 

ビザの種類って色々あるため、ビザによって配偶者が就労できるかどうかが違うと思うのですが、J1ビザ(研究者などとして渡米)の場合、配偶者はJ2ビザというビザになります。J2ビザは申請すれば就労許可証が取得できます。就労許可証の他に、勤務先の事務所などのカバーレターが必要という方もいらっしゃいますが、私は、勤務先のカバーレターなしで当局から受験許可がもらえました。

 

ご主人に帯同して米国滞在中という方、ビザの条件を確認してみてください。就労許可証があれば、特許系弁理士の方ならパテントエージェント試験が受験できる可能性は高いと思います。

「パテントエージェント」でググれば受験情報も結構ありますから、その辺を参考に!

 

私はワケあって、あまり頼れる人もおらず、一人で色々調べて苦労しました(ネットにそういう情報が少なかった時代・・・)。同じ境遇の方の助けになればと、またその辺の苦労話も書きたいと思います。