知財のレシピ

弁理士業務に関わるハック、トピックスなど。調査等のご相談、お請けします。

パテントエージェント試験 試験の受け方

USのパテントエージェント試験、実施要綱はこちら↓

www.uspto.gov

 

 

基本的に、受験者全員が受ける試験日というものはなく、受験許可が降りてから90日以内に民間の試験会場に申し込みをして受験します。

 

(以下、私が受験した試験会場の話)

試験会場は、パーティションで区切られたブースにPCが置いてあって、そこでそれぞれが、別々の資格試験を受験してます。どうも電卓エリアとか分けてあった感じがする。

90日以内に受験すればいいやーと結構気楽に構えてたけど、試験会場の空きがあまりなくて、結局受験日が結構限られてしまい焦りました。(子供のベビーシッターとかその辺の手配がつかなさそうで焦った)

 

試験会場に入るときもすごく厳重なチェックがあって、持ち物は基本的になし。ハンカチ、ティッシュもダメ。風邪気味ではなをかみたくても、受付でもらえる数枚のティッシュのみ持ち込み可。風邪引いてる人は悲惨ですw

 

問題用紙が紙で配られて、試験中に紙に書き込んだりできる日本と違って、PC上に現れる問題を目で追って選択肢を選ぶ形式なので、やっぱり慣れてないとキツイ。試験中にMPEPが検索できるとは言え、日本の試験と同様、あまりそういう時間はなかったです。

 

何より試験会場がものすごくエアコンがきいてて寒かった。土地柄?あらゆる人種の方が受けにきてて、暑がりの人に合わせてあるのか??めちゃくちゃ寒かったです。

 

とにかく、日本と試験の受け方が全然違うので、受けたことある人の話を聞けるのであれば、会場の様子などもきいた方が良いですね。