知財のレシピ

知財いろいろ、弁理士業務いろいろ、弁理士試験や就職のこと

論文試験で使うボールペンのこだわり

先日の日曜日、論文試験だったのですね・・・。論文試験、本当にお疲れ様でした。

周りで試験勉強している人がいないから完全にスルーしてました。他の弁理士ブログで試験ネタが多かったので気がついた次第です。

 

論文試験って、腕が疲れますよね。私は試験が終わった当日は、腕の力が入らなくなってました。あのスピードであの文字数を書くことって、最近はそうそうありませんし。

それで、筆記用具とかにこだわったりもするのですが、書きやすいペンって人それぞれで、私も結構試しました。ボールペンや万年筆とか。

 

それで、結局

「ユニボール シグノ スタンダード ブルーブラック」(0.5m)

に落ち着きました。ゲルインクが私には書きやすかったです。

 

ユニボール シグノ スタンダード | ユニボール シグノ スタンダード | ユニボール シグノ キャップ式 | ゲルインクボールペン | ボールペン | 商品情報 | 三菱鉛筆株式会社

 

さらに言うと、0.8mmと0.5mmがあるのですが、細い方が書いた文字の見た目が良い。色にもこだわって、黒じゃなくて、ブルーブラック、ちょっと紺っぽい色にしてました。(昔はブラウンもあった気がするんだけど、今見てみるとユニボールのページには載ってないですね、ブラウンも良かったです)

 

論文試験って採点するのは"人"ですから、とにかく、読みやすく綺麗に見える字を心がけていました。時間がないから字が乱れてしまうのですが、採点する人は本当に根気がいりますよね。きっとあまりに字が汚い答案用紙がきたらうんざりするはずです。読めないからって減点されるかも、と恐れてましたw

 

みんなそれぞれの理由があって筆記用具にこだわってたりするから、受験生の方は周りの受験生や弁理士にオススメのペンを聞いて見たらいいと思います。