知財のレシピ

知財いろいろ、弁理士業務いろいろ、弁理士試験や就職のこと

ダイレクトPCTの検討

アプリビジネスを展開する企業にとって、海外市場は当然視野に入るのですが、出願は今後全件PCTにしたいと考えている人が増えてる気がします。

 

これまでの流れだと

日本出願 →PCT(JP指定なし)(1年以内)→外国移行(30月以内)

なんですが、ダイレクトPCTの場合だと、

PCT → 日本 及び 外国に移行(30月以内)

になります。そもそもフローがスッキリw

 

費用的なメリット

f:id:uibenrishi:20180912095746p:plain

産業財産権関係料金一覧 | 経済産業省 特許庁

 

JPOでISRが作られていると、5、6万ぐらい審査請求料が安いイメージですね。請求項あたりの単価も下がります。

ISRを作成したJPO審査官が基本的に国内の審査も担当するので、審査官の負担がかなり軽減されるからだと思います。JPO内では、審査官の審査経過(検索式など)が共有されてますから、担当審査官が異動で変わってしまったとしても、その分ラクですよね。

 

期限管理的な面もフローがシンプルな分、やりやすいのかなと思いますが、費用的な面がやっぱり大きいですね。年間10件出願だとしても、50から60万も節約できるし、これをもっと実質的な面の手当てに充当できれば、良さそう。

 

 最初からPCTを使うようにオススメしてもいいのかもしれないけど、そもそもPCTは最初のお金(国際出願手数料)が高いんですよねー。

 

f:id:uibenrishi:20180912101930p:plain

国際出願関係手数料表 | 経済産業省 特許庁

 

でも、もっと事務所の手数料を下げて、PCTを利用しやすいようにして、お客様の海外展開を後押ししてあげられるかも。なんか出来そうな気がしてきた!もとからPCTやりたい人は、結果的には安くなる事が分かってるわけだし、事務的なところでお金とってもしゃーないでしょ。その分、内容的な面で請求させていただくことになると思いますが、それは頑張ります。