知財のレシピ

弁理士業務に関わるハック、トピックスなど。調査等のご相談、お請けします。

J-PlatPat講習会のテキスト(特実)を読む 「技術動向調査」の深掘り

最新の技術情報、他社の動向を調べるという事で、特定の分野の出願状況を調べたりします。これは、J-PlatPatを使うよりも、商用データベースを使う方が、バブルチャートで表示してくれたりとか、簡単にそれらしい結果を表示してくれるので、調査した感がしますね。

 

あと、出願人の名寄せは、企業の名称変更、合併、吸収などに対応するための作業なんですが、これ、結構面倒。これも商用データベースの方が簡単に出来るものが多いと思います。

 

技術動向調査は、特定の文献を探し出すというよりは、分野の傾向を知る、というものなので、特許分類に関する知識が結構重要で、FIやFターム、IPCが必要となってきます。ここで多分ハードルが高くなるかと。

FIやFタームって、審査官やIPCCの方が1件1件手作業で付与しているので、それなりに精度が保証されています。(ちなみに、出願時に願書に記載させる国際特許分類は、分類付与に殆ど使われません)なので、サーチの際は、特許分類をフル活用した方が結果的に効率よく文献が探せたりします。

 

技術動向調査をお願いされた事例としては、

1.自社で知財を強化したいんだけど、社員に自社が他社と比べてどんだけ知財力が無いか見せたいので調査してください、

2.自社で特定の強みのある技術があるんだけど、その技術をどの分野に応用していけばさらに強みが出せるのか調査してください、

ということがありました。

 

1は、競合他社の名前をいくつか挙げてもらって、特許分類使ってその分野の出願状況の時系列を使えば大体わかるので、調査のやり方をお教えしました。お客様には、社内プレゼンなどで自由に使えるようになったと喜ばれ、プレゼン資料も素晴らしいものが完成し、もちろんプレゼンも成功。社内の知財活用の取り組みも社員全体で前向きに進んでます、と聞き嬉しく思いました。

2は、技術的には新しい分野だったので、まだ国内の出願もあまり多くなく、取り組むべき応用分野が見つかったので、そこに向けて開発したいです、開発が進んだら出願できそうか相談したいです、と言っていただけて、これも嬉しく思いました。

 

たかが調査、と思われる人もいるかもしれませんが、これも明細書を書くのと同様専門的知識が必要ですので、ぜひ体系的に学ぶ機会があったら学んでみたり、割り切ってプロにお願いするのが良いと思います。