知財のレシピ

弁理士業務に関わるハック、トピックスなど。調査等のご相談、お請けします。

職務発明規程を作った時に参考にした本

 ちょっとJ-PlatPatのテキストに疲れた(まだ1ページなのに・・・)ので、違う話。

 

先日職務発明規程の相談を受けました。H27法改正に対応した規程に作り直して欲しいです、との依頼でした。

 

H27年改正の大きなポイントは、特許を受ける権利の「取得」とインセンティブが「経済上の利益」になったことですね。

 

1)権利の帰属について(原始的帰属)

 使用者は、契約や就業規則等にあらかじめ定めることによって、職務発明についての特許を受ける権利を、職務発明が完成した時点で取得できる(35条3項)

2)従業者のインセンティブについて

 職務発明についての特許を受ける権利を使用者に取得させた場合、従業者は、金銭に限らず、経済上の利益を受けることができる(35条4項)

 

 

以下の2冊を参考にしましたが、実務解説の方は、詳しく解説されてて経緯などがよくわかりました。レイアウトも結構好み。読みやすいのは重要なので。

 

実務解説 職務発明――平成27年特許法改正対応

実務解説 職務発明――平成27年特許法改正対応

 

 

実務シリーズの方は、雛形が載っているので、これはすごく参考になりました。いくつかパターンに分けて載っているので、各会社の事情に合わせてアレンジすれば良いかと思います。

 

 

基本的に法改正のポイントの点を盛り込み、あとは、実際の運用上問題になりそうな点(発明者が死亡した場合や、転職した場合、いつのタイミングで入金口座を確認しておくのか、連絡が取れなくなった時はどうするのか、とかの場合)も見直しました。転職とか最近は結構多いですしね。

お客様からお直しをお願いされた職務発明規程を見るだけでも、会社の雰囲気とか考え方が分かって面白いです。

 

知財って結構後回しにされることも多いから、法改正からしばらく経ってても、そのままなんだなぁと実感しました。でも、ちゃんとやろう!って意識を持たれて依頼に来られるお客様もいらっしゃるので、なんでもわからない事があったら是非是非ご相談して頂きたいです。