知財のレシピ

弁理士業務に関わるハック、トピックスなど。調査等のご相談、お請けします。

J-PlatPat講習会のテキスト(特実)を読む (スライド4)番号照会のトリビア

JPPテキストの続きです。スライド4は「公報の探し方」です。

 

f:id:uibenrishi:20181128134843p:plain

 

・そもそも「公報」って何?

デジタル大辞泉によると、「公報」とは、

 
1 官庁が一般国民に発表する公式の報告。
地方公共団体が官報に準じて発行する文書。「選挙公報
3 ある官庁が他の官庁に対して発行する報告文書。

だそうで、上記スライドで言及している「公報」は1に相当し、特許庁が、特許出願を公にする目的で発行している文書のことです。

 

JPPで検索できる特許に関する公報は、大きく分かると、公開公報と特許公報があって、ざっくり言うと、出願日から1年半後に発行されるのが公開公報(公報種別がA)、特許の設定登録されてから発行されるのが特許公報(公報種別がB)です。公報に載ってる文献番号の後ろにAとかBとか付いてるので、公開公報か、特許公報かが分かります。(他にも違いがありますがここでは省略)

 ちなみに、前のスライドで少し説明しましたが、「権利調査」をしたいときは公報種別がBの特許公報を検索します。

 

特許庁のQ&Aを読むと「へー」がいっぱいありました。

 公報に関して:よくあるご質問 | 経済産業省 特許庁

 

 

・特許・実用新案番号照会のやり方

出願番号、公開番号などが分かっている場合は、番号照会を使います。

 

JPPの入力例を引用。

f:id:uibenrishi:20181128151901p:plain

 

文献番号の入力は、「半角」。

ゼロは省略可。ハイフンも省略可。

 

ここで、ちょっと気が付いたことが。

出願番号や公開番号って最近は西暦が使われているので、上の例だと、

「特開2015-00012X」

が普通なんですよね。元号で「特開平27-00012X」はあり得ない。(2000年より前の公報は元号使われてます。)

が、JPPの番号入力では、「H27-00012X」で入力してもエラーになることなく、ちゃんと「2015-00012X」を入力したのと同様に「特開2015-00012X」が表示されます。

へー。

 

出願日は元号メイン(西暦併記)でJPPで表示されたりするので、元号の方が良い、と言う方もいるのでしょうか。来年また元号変わるけど、JPOでは、もう元号使うのやめて欲しい・・・。元号から西暦に変換計算するのが面倒ですw

 

意外なトリビアを発見してしまいました。

 

ちなみに、外国公報DBで検索するときのルールはまた少し違って、国によって番号付与のルールが違うからか、ゼロは省略不可とか、あったりします。

 

次回は、「特許・実用新案検索」。