知財のレシピ

弁理士業務に関わるハック、トピックスなど。調査等のご相談、お請けします。

J-PlatPat講習会のテキスト(特実)を読む (スライド4、5)特許・実用新案検索

JPP講習会テキストを細かく読んでます。  

http://www.inpit.go.jp/content/100863247.pdf

 

前回の「公報の探し方」の続きで、「特許・実用新案検索」。

 

f:id:uibenrishi:20181128134843p:plain

 ②出願人名等で調査

特定の企業の出願状況が調べたい場合は、「出願人名」をプルダウンで選んで、キーワードを指定して検索してください。公知日の範囲も指定できます。「出願人名」が変わってないか(会社の合併など)などは気をつけないとダメなところです。(商用データベースとかは、名寄せが簡単にできる機能があったりします。)

 

f:id:uibenrishi:20181129085141p:plain

 

③技術内容で調査

やっと来ました、これ。この検索方法でつまずいてる人が多いはずです。

 

・技術用語で検索(テキスト検索)

・特許分類で検索

 

この2つが書いてありますが、基本的には併用して検索します。

 

スライド5に、この2つの検索方法のメリット、デメリットが説明されています。

 

f:id:uibenrishi:20181129085923p:plain

 

キーワード検索は、まさにGoogleで検索するみたいな感じなので、お手軽なところがメリットです。

デメリットは、例えば、「ペン」についての技術を調べたい場合に、検索項目を「全文」指定して「ペン」を入れてしまうと、「ペンダント」、「ペンチ」など、「ペン」を含む単語を全てを検索結果に入れてしまいます。ここで、検索したいワード以外のものが混ざってしまうことを「ノイズが発生」と言ってます。この「ノイズ」をいかに少なくするか、ノイズを省いて文献を抽出するか、が調査能力にかかってきます。

 

類義語等についても注意が必要で、明細書は、基本的に、弁理士各自のオリジナル。同じ対象物でもいろんな言い方、書かれ方がされています。自分が普段使っている言葉とは違う言葉が使われていたりするので、単に一つの言葉だけで検索して、文献が無かった、と安心するのはまずいです。逆に不安になるぐらいがいいかと。

あと、テキスト検索は、昔の公報は検索できません。スライドには、1971年以降の公開特許公報から、となっていますが、ITとか特定の技術分野は、それで十分じゃないかと思います。

 

ちなみに、現時点(11/29/2018)の表示可能な文献はこうなっています。

f:id:uibenrishi:20181129091715p:plain

公告特許公報(B) 「T11-1」も表示されるんですねー。ゼロ入力は省略可と、前回知ったので、慣れるために、お試しでいろいろやってみてもいいかも、です。

 

キーワード検索は、キーワードの選び方や、近傍検索など、コツを掴めば、ある程度はすぐに効果が上がるテクニックがあるので、そんなに身構えなくてもいいかと思います。

 

次回は、「特許分類での検索」。